HAARPチャート

ULFサウンド HAARP ULF HAARP HF HAARP 磁気 Electron Riometer Ionosonde

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

偏心とおぉぉ。

6月12日になります。玉屋・鍵屋な何かがおこるでしょうか。

HAARP・ULFチャートの0.25Hzのパルスは10日以上続いていますね。
近くの弱い何かの機器の野暮なノイズを拾っているなら問題はありませんが、遠くの強い何かならそれは「やつら」であり問題です。
ガコナ1ヶ所のチャートだけでは判然としません。。

0.25Hzパルスが出ている標準時の14時から翌6時は、自然波「1.75Hz付近のチリチリ」「鳥ピヨピヨ」が出やすい時間帯、それ以外は「太陽風・マイクの息」の時間帯なので、やはり「天球電磁システムの何か」をねらった物なのでしょうか。。

これらの天然現象のでる時間帯について不思議だったことが2つあります。

1つめは、極を中心とした地磁気現象に、なぜ一日の、地球の回転による変化が出るのか。
2つめは、観測地のアラスカ・ガコナではなく、人間が決めた「ロンドンの標準時のお昼付近」に天然現象が「ボンジュール」しているのか。。

「地球の極と、地磁気の極はずれている」ことを忘れてました。。
たぶん、これのせいで、地磁気の束が地球に振り回されて、「一日一善のボンジュール」が起こっているのですね。
磁極の経度が移動したら「ボンジュール」の時間もずれるんでしょう、たぶん。。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

次の土日は満月なんですよ。しかも、月食まで近くにある。

そろそろかなー、と思っています。

No title

かづ23さま、はじめまして、コメントありがとうございます。

連日稼動しているHAARPの働きぶりが2年前6月の宮城・岩手地震と7月の三陸地震の時に似ています。

3年前の7月は選挙の前に中越地震でしたし、「そろそろ・また。」でしょうか..
プロフィール

Author:hirosphere
FC2ブログへようこそ!

QLOOK
QLOOKアクセス解析
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

過去ログ倉庫:黄金の金玉を知らないか?

THINKER blog
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。