HAARPチャート

ULFサウンド HAARP ULF HAARP HF HAARP 磁気 Electron Riometer Ionosonde

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4/11地震の「音」

さて、お待ちかねの「地震の音」のmp3が出来ました。
きのうの 2011/4/11 17:16 の地震の、主な地点の波形データの「音」です。

再生レート40倍 (100Hz->4000Hz) 振幅データ値 400000 = 1 で、南北振幅 → 左 0.6倍 東西振幅 → 右 0.6倍 上下振幅 → 中央 0.4倍 でミキシングして、擬似ステレオ音になっています。

4/26 追記 再生レート40倍速, 振幅 1/200000, ステレオ振り分け(左:右) 縦揺れ 3:1, 南北 2:2, 東西 1:3 に変更しました。
縦揺れ(主にP波)が左に、横揺れ(主にS波)は中央~右に聞こえる事になります。

ハンマーを叩くような音が「急激なスパーク」だとすると、それが2~3回連続しているのがわかります。

(4/13 18時 追記) プログラムのバグを修正し、チリチリノイズを解消し、クリアーな音質になりました。。

40倍なので、1秒 = 40秒と思って聞いてください。

震源に近い勿来の音がやはり迫力がありますが、内陸の白河や二本松、さらに遠い会津若松のほうが、正体らしき発破パターン?が「カランコロン」というリズムで聞き取りやすくなっています。

しかし「地殻」というものは「お風呂エコー」なんですね。 銭湯の石鹸や桶の音に聞こえます。
山彦のように遅れて聞こえるのは、マントルか何かにはね返ってくるからでしょうか??

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたい事
ジャンル :

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

hirosphere

Author:hirosphere
FC2ブログへようこそ!

QLOOK
QLOOKアクセス解析
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

過去ログ倉庫:黄金の金玉を知らないか?

THINKER blog
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。